土かきわけて空

 はっきりした形や方向はどこにも見あたらないひろがり、しかしそれはただ茫漠としているというだけではなく、柔軟でありながら確実な手ごたえをもそなえており、たえずいたるところで地くずれがおこっても不思議ではない、そんな未定の可能性の内にうち震えている。
 形によってくぎられることのない平面には、全体なる場としての連続性を認めることができる。それでいて画面は、独立した線なり面なりにまではいたらない、細かい白と黒の筆触に埋めつくされている。微細なレヴェルに目をとめるなら、筆触の不連続な連なりと重なりが支配的なのだ。そしてこの連続性と不連続性という二つの因子が、一致しないまま相即するところに開く、ずれの重畳こそを、ことばにならない何かが懐胎され、棲息し、発現する場所と見なせよう。
 ずれの重畳を開く二つの因子は、連続性と不連続性だけにとどまらない。まず白と黒との落差、さらにそこから生じる明と暗の幅。また、木炭や黒鉛という画材の触覚的な物質性と、各筆触の方向性が延長した跡に残る視覚的なイリュージョン。抵抗と透過、重さと軽さといいかえてもよい。明暗とイリュージョンがもたらす空間も、べったりしたものではない。一方で、全体としての場は平面性から離れることがないのだが、微細な白と黒の筆触の網目のうち重なりは、計測しようもない深さを暗示する。しかも、多方向に散乱する筆触はすでに、いまだ形なり面の分割なりに達しないかぎりで、平面上を循環する潜在的な方向性を宿している。潜在的だからこそ、多方向に散乱するともいえよう。
 ずれの重畳ということばを用いるほかないのは、与えられた平面にまとわりつきつつ、オールオーヴァな平面の演繹的な形式や観念、質料や物体からそれがつねにすりぬけていくからだ。だから規定しがたく、現前するのではない可能態としてのみそれはある。現前を現在といいかえるなら、過去ないし未来への傾斜としての、時間性と呼ぶこともできよう。だからそこにはいつも、今・ここからひきさがろうとするへだたりが揺曳している。
 小谷が現在のスタイルを採用するようになったのは、一九八九年の個展においてである。以前も平面の形式に対する意識は一貫していたが、この時点で、筆ないし手の動きと絵具の物質性が、緊張を保ちつつ、古典的ともいえよう均衡に達した。八九年の作品では褐色やグレー、青などの色彩が用いられていたが、九○年以降は白と黒に限定される。これによって、細部間の緊張そして空間の深さへの指向が強められるとともに、その内で筆触の、線なり面なりへの展開可能性がさまざまな変化をもって探られた。あえて課題というなら、完成度の高さをもたらす均衡を、いかに持続して緊張とかみあわせていくかがあげられるかもしれない。ともあれここでは、オールオーヴァな平面としての場をふまえつつ、空間自体のたえざる横滑り、泡だち、もぐりこみが視線をたえず切断して連鎖し、反響しあう、ずれの重畳が夢見られている。

石崎勝基(三重県立美術館学芸員)